洋書


The Piano
ピアノの発展と構造から作曲者別に使ったピアノの紹介、そして、世界中のメーカーの紹介まできれいなカラー写真で分かりやすく説明された本です。ただ、惜しむらくはこの本が洋書だということです。英語で書かれているためなかなか読めません(涙)。この本が日本語であれば…と管理人は何度も考えております。ある意味でこのサイトの目標とも言える一冊です。ただし、写真目的であれば間違いなく下でも紹介している「Piano
」が良いと思います。

Piano
この本は洋書ですので当たり前ですが、日本語ではありません。
ただし、英語に自信がなくても問題なし。なぜなら、この本は写真が売りだからです。ピアノの歴史に沿って様々なピアノの写真が載っています。
過去に楽器博覧会でこの本が楽器店のブースにおいてあるのを見ましたが、僕がブースにいる間も欲しいという人が何人もいたことを覚えています。
有名メーカーのピアノから古い豪華なピアノまで美しい写真ですのでぜひ見て欲しいと思います。

The Piano: The Complete Illustrated Guide to the World's Most Popular Musical Instr Ument
Amazonの説明によると「ピアノの起源や歴史から、ピアノに携わった音楽家などの解説をオールカラーで200枚以上の写真を使って解説している」とのことですが、写真よりも文章の多さが目立ちます。写真が小さいということはないので、情報量が多いのでしょう。ただ、英語を読むのに時間のかかるこちらとしては写真をさらにたくさんつけてくれると良かったのですが。また、作曲家など人物や音楽文化の説明も多く感じました。そちらを目的に購入された方が良いかもしれません。