ヘンデル

Georg Friedrich Handel【1685年2月23日-1759年4月14日】

 

Haendelヘンデルは1685年、ドイツのハルという町で生まれた。

この町は同じ年に生まれたバッハの生まれたアイゼナハと150kmほどしか離れていない。

ヘンデルとバッハは生まれた年も土地も同じだが、バッハがドイツから外へ出なかったのに対し、ヘンデルはイタリア、イギリスなど多くの国を渡り歩いた。

ヘンデルは外科医の息子として生まれた。父親は息子に役人になることを望み、ヘンデルもハレ大学に入学し法律を学んでいた。

しかし、音楽への情熱が捨てがたく、彼は大聖堂オルガニストとなり、音楽家への一歩を踏み出した。

その後イタリアに数年間滞在し、スカルラッティ親子との親交を結んだ。ここでは、オペラ作曲家としての地位も確立した。さらに、ドイツのハノーファー選帝侯の宮廷楽長となるが、2年後にはイギリスに旅立ち、よほど水があったのか、15年後には帰化し、王室礼拝堂付作曲家および宮廷作曲家になった。

晩年彼は脳卒中で倒れ、右半身不随となったが、不屈の精神力で乗り切り、その後20年にわたって作曲活動を続けた。

□ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル 略歴

1685年 ドイツで生まれる
1703年 ハンブルグオペラのヴァイオリニストになる
1706年 イタリア滞在
1710年 ハノーファー選帝侯の宮廷楽長になる
1712年 ロンドンに移住
1727年 イギリスに帰化、宮廷作曲家になる
1737年 脳卒中で倒れる
1752年 失明
1759年 ロンドンで死去

□ヘンデルのピアノ以外の作品

メサイア (Messiah)【1741年作曲】

1741年に聖書研究家のジェネンズという人物に依頼されて作曲した、演奏に3時間以上かかる宗教曲の大作。

メサイアとは英語のメシア(救世主)のことでキリストの人生について3部47曲で歌い上げていく。歌詞は聖書からジェネンズが選んだものとなっている。

特に有名なのは「ハレルヤ」の合唱で、おそらく誰もが聞いたことのあるメロディと歌詞であろう。この作品は完成当時から人気があり、現在もヘンデルの傑作というだけでなく、クラシック音楽の代表作として欠くことが出来ない作品となっている。