リムスキー=コルサコフ

Nikolay Rimsky=Korsakov【1844年3月18日-1908年6月21日】

Korsakovリムスキーコルサコフは1844年ロシアのノヴゴロド郊外の軍人貴族の息子として生まれた。

12歳の時にサンクトペテルブルクの海軍兵学校に入学し、ロシア海軍の水兵として何度か遠洋航海にも参加した。

その間1859年からピアノを始め、1861年からはバラキレフに師事した。

そして「5人組」の他メンバーとバラキレフを通じて知り合い、1年後にボロディンを加えて「5人組」が成立した。

その後、航海の間を縫って作曲活動を続け、1865年には「交響曲1番」を完成させた。驚くべきことにバラキレフや5人組の他のメンバーに習ったこと以外、彼は全て独学であった。さらに、彼は1871年海軍大尉でありながらペテルブルク音楽院に教授として招かれ、1873年にはついに軍を辞めた。

リムスキー・コルサコフは管弦楽法の大家として知られ、彼の作曲したオーケストラ用の作品はどれもその響きが素晴らしい。

また、1902年には個人的にストラヴィンスキーを教えていたことも忘れてはいけない。

□リムスキー・コルサコフのピアノ以外の作品

交響組曲 「シェヘラザード」 (Scheherazade)【1888年作曲】

この作品は1888年に「千夜一夜物語」をモチーフに作曲された4楽章編成の交響組曲である。

千夜一夜物語とはアラビアンナイトとも呼ばれる物語で、女性不信で毎晩一人妻を娶り朝には殺してしまうサルタン・シャーリアール王の妻となったシェエラザードという女性が殺されないために毎晩王のために物語を語るというものである。

初演時にはそれぞれの楽章に「海とシンドバッドの船」「カランダール王子の物語」「若き王子と王女」「バグダッドの祭り―海―青銅の騎士のある岩底の難破―終曲」という標題がつけられていたが、後に作曲者により消された。

これは標題が無い方がより音楽に集中してもらえると考えたからだといわれている。

リムスキー・コルサコフのオーケストレーションの巧みさが発揮された作品である。