MOVIE

シャイン 【1996年 オーストラリア】

オーストラリア出身の実際のピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を映画化した物です。最も美しく最も難しいピアノ協奏曲と知られるラフマニノフの第3番を巡る物語は、永遠にクラシックを愛し続けたヘルフゴットの人生を鮮やかに描き出しています。主演のノア・テイラーはアカデミー賞主演男優賞に輝きました。
ラフマニノフ愛★★★★★
ピアノ愛★★★★★
DVDサントラ関連書籍



ピアノ・レッスン 【1993年 フランス/ニュージーランド/オーストラリア】

口のきけない女性と隣人の道ならぬ恋を描いた作品です。ワンシーンワンシーンがまるで1枚の絵画のような美しい映像とマイケル=ナイマンの美しくも儚い音楽が幻想的な世界に引き込みます。カンヌ映画祭・パルムドール賞、アカデミー賞受賞作品です。
この映画に出てくるピアノはニュージーランドだけあってブロードウッドのスクエアピアノだそうです。
映像の美しさが神★★★★★
内容が怖い度☆☆★★★
DVDサントラ楽譜



ラフマニノフ ある愛の調べ 【2007年 ロシア】

天才ピアニストであり、作曲家でもあるラフマニノフが作曲家としての挫折とそれに伴う病気から亡命、アメリカでの生活と作曲家としての成功を描いた作品です。
ラフマニノフの映画というよりはその妻ナターシャの天才への献身というところに重きがあるように感じました。ラフマニノフでなくても天才は誰かに支えられることで生きていることがはっきり分かります。家族や才能の愛と再生の物語です。
このサイトの趣旨としてみればスタインウェイの戦略なども垣間見える作品でもあると思います。
天才の妻は大変★★★★★
DVDサントラパンフレット



アマデウス 【1984年 アメリカ】

モーツァルトの生涯と、彼の死をめぐる謎に説得力のある説明がされています。実際にその答えが正解かどうかは別にして、当時の社会、風俗などがよくわかる作品で、随所に見られる音楽は非常に美しいです。アカデミー賞も受賞した名作です。未公開映像やメイキングを収録したディレクターズカット版もあります。
当時の時代背景が分かる★★★★★
DVDサントラ


シャンドライの恋 【1998年 イタリア】

投獄された夫を待ちながら、孤独な音楽家キンスキーの屋敷で働く黒人女性シャンドライの気持ちの動きを描く映画。「ラストエンペラー」で壮大な映像美を表現したベルナルド・ベルトリッチ監督の美しすぎる映像と、キンスキーの弾く切ないピアノ(クラシック曲ではないです)が心を打ちます。
切ない☆★★★★
ハラハラ☆☆★★★
DVDサントラ関連書籍



海の上のピアニスト 【1999年 アメリカ/イタリア】

アメリカとイギリスを往復する船「バージニア号」の中で生まれ育った天才ピアニスト「1900(ナインティハンドレッド)」。彼は即興でピアノを演奏するのが得意。彼にまつわるエピソードは1つ1つが美しかったり悲しかったりわくわくしたり、様々な感情を呼び起こしてくれます。監督はジュゼッペ・トルナトーレです。
泣かせる☆★★★★
ラグタイムの神様★★★★★
ピアノがますます好きになる★★★★★
DVDサントラ楽譜



不滅の恋 ベートーヴェン 【1994年 アメリカ】

ベートーヴェンの生涯と、彼の愛を描いた名作です。ベートーヴェンという人物に興味がわいたらぜひ見てほしいです。難聴に苦しみながらも偉大な作品を次々と生み出したベートーヴェンの偉大さが良く分かる秀作です。
第9が聴きたくなる★★★★★
史実☆☆☆☆★
DVDサントラ写真



戦場のピアニスト 【2002年 ポーランド/フランス】

ナチスによって占領されたポーランドを生き抜いた、ユダヤ系ポーランド人のピアニストであるウワディスワフ・シュピルマンの自伝を映画化した作品です。戦争と言う極限の中でピアノの美しい音色が心に響きます。特に、廃墟の中で響くショパンのバラードは格別の美しさです。
凄まじい人生★★★★★
音楽の美しさを再認識★★★★★
DVDサントラ関連書籍



愛の調べ 【1947年 アメリカ】

シューマン夫妻の大きな愛が描かれた映画です。2人の出会い、クララの父との確執、ロベルトの病、そして映画に溢れる美しい音楽。「トロイメライ」に泣かされる事は間違いありません!劇中のピアノは全てルービンシュタインが演奏しているのにも注目です!!
クララの愛★★★★★
本当にピアノを弾いてるみたい☆★★★★
DVD

ピアニスト 【2001年 フランス/オーストリア】

母親から厳しく抑圧されながら生きてきたウィーン国立音楽院のピアノ教授エリカと、彼女がピアノを教える年下の男ワルターの、倒錯した愛の物語。映像も音楽もこの上なく美しく、クラシックとエロティシズムの融合が見る者をひきつけます。
カップルで見ちゃダメ★★★★★
精神が安定している時に見てください★★★★★
DVD

サルサ! 【1999年 フランス/スペイン】

クラシックのピアニストとして将来を期待されていたレミが心の中に隠し持っていたのは、ラテン音楽への憧れでした。彼はショパンを捨ててサルサに走ります。ラテン音楽への扉を開けてくれる、涙あり笑いありの楽しい映画です。
キューバに行きたくなる★★★★★
主人公ハンサム★★★★★
DVDサントラ


ガタカ 【1997年 アメリカ】

DNAをある程度操作できる近未来を描いたSF映画です。音楽好きとしては、この映画の音楽担当は「ピアノレッスン」と同じマイケル・ナイマンです。また、印象に残るのは劇中に出てくる6本指のある男の弾くシューベルトです。映画全体の中ではワンシーンに過ぎませんが、ラフマニノフも指が長かったのは病気が原因であったといわれていますし、考えさせられる映画です。
ピアノ関係ない度★★★★★
登場人物が色んな意味で男前過ぎる★★★★★
DVDサントラ