アルトゥーロ・ミケランジェリ

Arturo Benedetti Michelangeli【1920年1月5日~1995年6月12日】

Arturo Benedetti Michelangeli

イタリアのブレシアで生まれたミケランジェリは、20世紀を代表するピアニストであると同時に、個性的なことでも最も有名なピアニストの1人である。

彼も多くのピアニスト同様、3歳でヴァイオリン、4歳でピアノの手ほどきを父親から受けると10歳でミラノ音楽院に入学する神童であった。

また、18歳からプロのピアニストとして活動を始めた。

ジュネーヴ国際コンクールにおいて、コルトーから「リストの再来」と絶賛されたが、コンクール運は悪く、教師としての活動を行った。

彼の弟子はアルゲリッチやポリーニを含め多く、現代のピアニストに影響を与えている。

また、第2次世界大戦中はレジスタンスとして戦争に参加し、そのときの怪我によりコンサートを度々キャンセルしたと言う話もある。

彼の演奏は透き通るような音とタッチで音色のアレンジがすばらしかったと言われている。また、鍵盤に指の当たる音を防ぐため、鍵盤に指をつけたまま演奏すると言う特殊な奏法で、テンポやリズムと引き換えに美しい音色を作った。
また、ミスタッチが少なく、確かな技術を持っていたことも有名だ。

彼は完ぺき主義者でレパートリーは少なく、ベートーヴェン、シューマン、ショパン、ブラームス、ドビュッシーを好んで演奏した。また、録音は好まず、CDはあまり出ていない。ただ、彼の演奏が現在1つの解釈基準となっていることは、紛れも無い事実である。

THE ART OF ARTURO BENEDETTI MICHELANGELI

□アルトゥーロ・ミケランジェリ 略歴

1920年 イタリア、ブレシアで生まれる
1930年 ミラノ音楽院に入学
1939年 第1回ジュネーヴ国際コンクール第1位
1995年 死去

□使用メーカー

□アルトゥーロ・ミケランジェリ DVD紹介


ピアノの伝説 《DVD 6discs》
ミケランジェリについてはベートーヴェン、スカルラッティ、ショパン、ドビュッシーに加え、ドキュメンタリー映像も含めた豪華なDVDです。

アート・オブ・ピアノ-20世紀の偉大なピアニストたち- [DVD]
映像で歴史的演奏を見ることができます。スタインウェイをパデレフスキ、ホフマン、ホロヴィッツ、シフラ、ヘス、ルービンシュタイン、ギレリス、ミケランジェリ、グールドが弾いています。また、プレイエルを弾き、授業をするコルトーやベーゼンドルファーをバックハウス、フィッシャーが弾いています。ピアノメーカーは確認できませんでしたが、リヒテル、モイセイヴィチ、プランテも演奏を見せてくれます。

□アルトゥーロ・ミケランジェリ CD紹介


アルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリ・ライヴ・イン東京 1973 (ARTURO BENEDETTI MICHELANGELI Live in Tokyo 1973) (2CD[HQCD]) *HQCDは全てのCDプレーヤーで再生可能です。
録音嫌いで有名なミケランジェリの日本における数少ないライブ音源だそうです。さらに高音質のCDですので歴史的価値のある録音と言えそうです。

THE ART OF ARTURO BENEDETTI MICHELANGELI
ドイツグラモフォンからの8枚組のボックスです。どれもこれも素晴らしい演奏で思わずため息が出ます。なんだかんだと伝説の多いミケランジェリですが、それらをさっぴいてまずは聴いてみてください。

Arturo Benedetti Michelangeli
EMIの録音を集めたボックスです。4枚組で数こそ少ないですが、入っている曲はバラエティに富む内容でお買い得な品だと思います。