マウリツィオ・ポリーニ

Maurizio Pollini【1942年1月5日~】

ショパン:ポロネーズ集

ポリーニは1942年建築家の父とピアニストの母のもとイタリアのミラノに生まれた。

5歳からピアノの英才教育を受けた。さらに9歳でデビュー、17歳でミラノ音楽院を卒業した。

コンクール歴としては、1958年にジュネーヴ国際コンクールで優勝したが、彼の名前を世界にとどろかせたのは1960年の第6回ショパンコンクールだろう。

審査員全員一致の第1位を獲得したこと。さらにこのとき審査委員長であったアルトゥール・ルービンシュタインに、「彼より上手にピアノを引くことができる人間はこの中(審査員)にいない」と言わせしめたことであった。

現代のピアニストの多くは、コンクール優勝後すぐにコンサートを開く傾向があるが、ポリーニはショパンコンクール後、約10年間修行期間に入った。この10年間に何をしていたかは定かではないが、演奏活動に備え体を鍛えたり、ミケランジェリの下で練習をしたなど、様々なうわさがある。

そして復帰した彼の演奏はショパンコンクール時よりはるかに冴え渡り、正確で完璧なその技術は他を圧倒した。

彼のレパートリーは広く、主にベートーヴェンやショパンなどだが、現代作曲家についても、多く取り上げている。

ショパン:練習曲集

□マウリツィオ・ポリーニ 略歴

1942年 イタリア・ミラノで生まれる
1957年 ジュネーブ国際コンクールで第2位を獲得
1960年 第6回ショパン国際ピアノコンクールにて優勝
1968年 修行期間を経て、演奏活動復帰

□使用メーカー

□マウリツィオ・ポリーニ DVD紹介


Maurizio Pollini Piano Concertos [DVD] [Import]
ポリーニの協奏曲集。カール・ベームの指揮するウィーン・フィルハーモニック管弦楽団とはベートーヴェンの3番と5番「皇帝」、モーツァルトの協奏曲19番、23番を。同じくウィーン・フィルハーモニック管弦楽団を指揮するクラウディオ・アバドと組んだブラームスでは2番を演奏している。ポリーニの映像は思ったほど出されていないので貴重かもしれません。

□マウリツィオ・ポリーニ CD紹介


ショパン:12の練習曲 作品10/作品25
ポリーニといえばやはりこれを聴かないわけにはいきません。ショパンコンクールで審査員を驚愕させたテクニックをぜひチェックしてみてください。

Maurizio Pollini: Chopin
9枚組のCDボックスでポリーニの得意とするショパンを網羅できます。ポリーニの技術に惚れ込んだ人にお勧めです。