アンドレ・ギャニオン

Andre Gagnon【1942年8月1日~】

Les Chemins Ombrages

アンドレ・ギャニオンは1942年、カナダのケベック州サンパコムでなんと19人兄弟の末っ子として生まれた。

4歳にして教会で聴いてきた曲を家のピアノで弾いてみせ周囲を驚かせた。

そこで母親からピアノの手ほどきを受け、10歳でモーツァルトの曲でコンサートデビューをする神童であった。

その後モントリオールにある音楽院で学び、さらにパリへ留学した。パリではクラシックを中心に学び、映画音楽の仕事にも携わった。

ムーヴメント

モントリオールに戻ったアンドレは67年にモントリオール交響楽団を率いて「モーツァルトの夕べ」というコンサートを企画。

68年にはロンドンにてレコードデビューも果たし、コンサートピアニストとしてのキャリアを積んでいった。

さらにパリ留学中からの「クラシックとポピュラー音楽の架け橋となる」との決意のもと音楽を作り続け、カナダ国内で栄誉ある賞を幾度となく受賞した。

日本には70年の大阪万博の際にコンサートを行いに初来日。その情緒的で透明感のある曲調は日本でもファンの多い作曲家である。

Comme Dans Un Film

□アンドレ・ギャニオン CD紹介


〈COLEZO!〉アンドレ・ギャニオン ベスト
アンドレ・ギャニオンのベストです。古い作品を聴いてきた管理人としては「潮騒」や「セピア色の写真」なんかが入ってないのが残念ですが、もっとも有名な「めぐり逢い」を含め、「とまどい」「かすかな予感」「愛に包まれて」などは昔からのファンにも馴染みのある名曲ですし、ベストの名にふさわしい曲目だと思います。

アンドレ・ギャニオンのすべて
こちらには上記のアルバムでは入っていない「潮騒」などが入っていておススメです。とはいえ、アンドレ・ギャニオンはどれもこれも癒し効果が抜群なのでどれから入っても問題ないかと思います。仕事、勉強、恋、家事、子育て、ストレスがたまってるなと感じたらこれが何よりの処方箋になると思います。

□アンドレ・ギャニオン 楽譜紹介


ピアノソロ アンドレ・ギャニオン ピアノ・ソリテュード/永遠に&ベスト (ピアノ・ソロ)
この楽譜は弾いてみたいなと思う楽曲のほとんどが収録されています。まさにベストの楽譜です。アンドレギャニオンの曲はアルペジオが多用されていますが、それほど難易度も高くないため弾きやすいと思います。

ピアノ・コレクション アンドレ・ギャニオン[改訂版] (ピアノ・ソロ)
こちらもピアノに合う曲をピアノソロ用に編曲されています。
曲目をチェックしてみてください。