ピアノの歴史

◆ピアノ以前の楽器

鍵盤のついた楽器とは大きく分けて4種類あります。

ギターやチェンバロのような撥弦楽器、ヴァイオリンやチェロのような擦弦楽器、ピアノやクラヴィコードのような打弦楽器、そしてオルガンやパイプオルガンは厳密にはリードを鳴らす管楽器といったものです。

ピアノは鍵盤楽器の中でも打弦楽器と呼ばれる種類で、これは弦楽器の中では比較的新しい部類と言えます。

◆ピアノの歴史と社会

worldmap

 

1.イタリアで誕生したピアノ

ピアノが発明された当時italy、市民にとって鍵盤楽器とは教会を中心としたオルガンだったと言えます。

さらに、当時のオルガンはパイプオルガンだったため、鍵盤楽器とは庶民が所有する楽器ではありませんでした。

つまりピアノを所有することができるのも主に王侯貴族ということになります。ピアノを発明したと言われるクリストフォリも貴族のパトロンを持つことで生計を立てていたのです。

また、イタリアではルネサンス以来の流れを引き継ぎ、楽器には華美な装飾が施されていました。これはピアノもその例に漏れず、その多くは装飾を施された美しい芸術品ともいえるものでした。

 

2.ドイツで楽器としての発展を遂げる

germanイタリアはルネサンス期の終わり頃からスペインやフランスによる侵略を受け、急速に国力を弱めました。

さらに貿易も地中海から大西洋岸に変わったことで経済的な打撃も受けます。

このような状況の中、きらびやかな美術品だったピアノに楽器としての命を吹き込んだのはピアノを発明したイタリア人ではなくドイツ人でした。

ドイツには古くから職人の間でマイスター(徒弟)制度があり、中世ヨーロッパでは親方と弟子のしっかりとした基盤のもと、ピアノ製造がすすめられました。

ところで、ピアノの普及のためには職人が一人で手作業で作るには限界があり、結局は贅沢品となってしまいます。それを、分業にすることで、徐々に市民の楽器へと変貌していくこととなりました。

3.産業革命によるピアノの普及

ukそれには18世紀初頭、ヨーロッパでいち早く産業革命を始めたイギリスがこの使命を果たすことになりました。

イギリスのピアノ製造にとって幸運だったのは、1756年から1763年、ヨーロッパ大陸で起こったドイツ(プロイセン)とオーストリアの七年戦争を逃れ、一部のドイツ人がイギリスへと渡ってきたことです。

特にドイツのピアノ製造の大家であったジルバーマンの12人の弟子たちが遅れていたイギリスのピアノ製造の技術が格段に進歩させ、イギリスはピアノの先進国となりました。
frenchその後再びピアノ製造の流れはヨーロッパ大陸に戻ります。

今度は強力な王権のブルボン王朝に支配されたフランスで花開きました。

潤沢な資金を持つブルボン王朝の庇護のもとで、かつての美術品としての性格を受け継いだ華美で、さらにデリケートな演奏に耐えうるピアノが作られました。

しかし、これは良くも悪くも王侯貴族の趣味が反映されてしまったのです。

フランスのメーカーは当時建設され始めた巨大なコンサートホールとそれにあわせたピアノ曲に対応できるピアノの製造という意識を欠いていました。

4.戦争によるピアノ製作の中心の変化

usa度重なる戦争による荒廃がヨーロッパ大陸の工業力を鈍らせてしまったこともピアノの発展を大きく妨げたといえるでしょう。

その結果、ヨーロッパのメーカー達は音量を出すためにいち早く総鉄骨を採用したアメリカのメーカーにその地位を追い抜かれることとなってしまいました。特に第1次世界大戦以降、世界で最も優れた工業力と資金を背景にアメリカがピアノの世界でもトップに立ったのです。

 

jpしかし、そのアメリカも工場生産能力に優れた日本に高度経済成長時代を通じてその地位を脅かされ、生産数においては現在日本が世界一になっています。