クナーベの歴史
THE PIANO
home>ピアノメーカー紹介>アメリカ>クナーベ

クナーベ(Knabe)

クナーベは人間の声に近いシンギングトーンを持ちアメリカのピアノの中で最も美しい音を出すピアノであった。

クナーベの歴史

クナーベの創始者ウィリアム・クナーベは1803年ドイツに生まれた。彼は大学まで行き、優秀な成績を修めていた。しかし、理由は不明だが、突然その情熱をピアノに向け、ピアノの製作技術を学びだしたと言われている。

そして、彼が30歳の時にアメリカに移住し、南部のボルティモアで1837年ピアノメーカーを立ち上げた。当初はガエールという共同経営者がいたが、1854年に彼が引退してからはクナーベ一人で切り盛りすることとなった。
一人になったクナーベだが、クナーベは持ち前の頭の良さと努力によりどんどん事業を拡大し、1861年の南北戦争の頃には南部アメリカの多くの地域にシェアを持つ大メーカーとなっていた。

しかし、南北戦争がクナーベの隆盛を踏みにじることとなった。南北戦争でアメリカはボロボロになり、ピアノどころではなくなってしまったのである。そのせいで、クナーベの工場も売れない在庫と社員を多数抱え、失意の中ウィリアム・クナーベは引退した。

ではこのつぶれかけの会社を立て直したのは誰だったのだろうか。それは2人の息子だった。彼らが父親の跡を継いだとき、まず最初にしなければいけなかったのは大量の在庫の処分と社員たちの給料の工面であった。
兄は実直でおとなしい性格、それに対し、弟は挑戦的で積極的な性格だった。弟は銀行に出向き、「自分たちの担保はクナーベという名前だけだ」とたんかを切ることでなんと融資を得たのである。それだけ当時のクナーベというブランドは力を持っていたとも言える。
さらに、彼は南北戦争であまり荒廃しなかった西部に目をつけた。兄に会社を任せると大量のピアノを持ち、セールスの旅に出たのである。この旅で、弟は全ての在庫を売り切り、さらに注文までとってきた。この結果、会社も倒産を免れ、大メーカーとして立ち直ったのである。

クナーベのピアノの特徴はその美しい音色であり、何度も博覧会で最高賞を取るアメリカ随一のピアノメーカーであった。

スポンサーリンク

Copyright(C)THE PIANO,All Rights Reserved.

stars 分かりやすくておススメです!

この本ではピアノの発展やら、構造をカラーで解説されており、これ一冊で十分ピアノのことが分かります。さらに、綺麗なピアノをカラーでメーカー別に紹介されておりこれも十分楽しめます。

丁寧に作ろうという著者の温かい心遣いを感じる本でした。

CDでは、作曲者が作曲した時のピアノで再現されていて、これもなかなか聴けないレアなものでした。ベートーヴェン、ショパン、シューマンといった有名作曲家のこれまた有名な曲を、彼らが愛したピアノで再現するというファンにはたまらないCDでした。

hReview by , 2009/05/17

stars 最高の写真集

この本は洋書ですので当たり前ですが、日本語ではありません。

ただし、英語に自信がなくても問題なし。なぜなら、この本は写真が売りだからです。

過去に楽器博覧会でこの本が楽器店のブースにおいてあるのを見ましたが、僕がブースにいる間も欲しいという人が何人もいたことを覚えています。

有名メーカーのピアノから古い豪華なピアノまで美しい写真ですのでぜひ見て欲しいと思います。

hReview by , 2009/05/17

photo
Piano
David Crombie
Backbeat Books 1995-09

stars ピアノと英語に詳しい方へ

ピアノの発展と構造から作曲者別に使ったピアノの紹介、そして、世界中のメーカーの紹介まできれいなカラー写真で分かりやすく説明された本です。

ただ、惜しむらくはこの本が洋書だということです。この本が日本語であれば…と管理人は何度も考えております。ある意味でこのサイトの目標とも言える一冊です。

hReview by , 2009/05/17

photo
The Piano
John-Paul Williams
Billboard Books 2002-09-01